イマイチ流行ってない時限式メッセージ送信アプリ「Facebook Poke」の使い方

スポンサードリンク

去年の年末にSnapchatを豪快にパクってリリースされたことで物議を醸し、更に年が明けても全く話題になっていないFacebook公式アプリ「Facebook Poke」をご存知だろうか?

一体なんなのか?これは早速Facebook公式のヘルプを見てみるしかない!!

「Facebook Poke」の使い方

何も書かれていない!!

「このページは役に立ちましたか?」って立つわけないだろとw

仕方ないので実際に触って覚えるしかないなということで早速触ってみました。

 

使い方

「Facebook Poke」の使い方

 

画面はいたってシンプル。

機能は基本的に下のアイコンの通り4つで

  • Poke(あいさつ)を送るだけ
  • メッセージを送る
  • 写真を送る
  • 動画を送る

 

 

Poke(あいさつ)を送る

「Facebook Poke」の使い方

 

まずは一番左の「Poke(あいさつ)を送る」です。

これは一覧から送る相手を選んで単純に「あいさつ」を送るだけ。

Pokeを利用しているユーザーは別で表示されますが、利用していなくても送れます。

まぁこれはあまり使う必要ないかも?

 

 

メッセージを送る 

「Facebook Poke」の使い方

 

続いて左だから2番目のメッセージを送る機能です。

これも単純にテキストメッセージを送るだけなのですが、1つだけ変わった機能があります、それはメッセージを指定秒数で消去できる機能です。

 

 「Facebook Poke」の使い方

上部の「1秒前」という部分をタップするとこのような画面になります。

これでセットした秒数でメッセージを消去することができるのです。

例えば

「バーカ」

と送って1秒で消すもよし

「好き♥」

と送って3秒で消すもよし

めちゃくちゃ長文を送って読み切れない秒数で消すもよし、とにかく「ちょっかい」を出すのに向いている機能かもしれません。

 

これはSnapchatを使っていた人なら分かりやすいと思います(だって丸パクリだものw)

 

写真を送る 

「Facebook Poke」の使い方

 

これもそのまんま写真を送る機能です。

選択するとカメラが起動して撮影できるのですが、残念なことにマニュアルフォーカスできません、これは改善してほしいところ。

 

写真にはちょっとした機能もついています。

 「Facebook Poke」の使い方

上部の「Aa」というボタンをタップすると写真にテキストを追加できます。

 「Facebook Poke」の使い方

テキストの位置は自由に変えることができます。

 「Facebook Poke」の使い方

右上のオリンピックの五輪みたいなマークをタップするとカラーパレットが表示されて手描きも可能です。

 

ちなみに写真もテキストメッセージ同様に時限式にできますので、このような意味不明な写真を一秒だけ表示する設定で送りつけたりして遊ぶこともできますよ。

 

 動画を送る

「Facebook Poke」の使い方

これも画像と同じと思って頂けたらいいと思います。

下部の「◎」を押しっぱなしにしている間だけ録画できます。

 

ボイスメッセージという認識なのかテキストは入れれません、あと時限式にもできません。

これは動画だから仕方ないですね。

知り合いが

「時限式で痕跡が残らないとか用途が浮気用しか思いつかない」

と言っていて「これは使えるアプリだな」と確信しました。

 

ダウンロードは↓からどーぞ。

 

 ダウンロード

Facebook Poke(iPhoneApp)

FacebookPoke(Android)

この記事をサイトに埋め込む
スポンサードリンク
この記事をシェアする
RSSリーダーに登録する

 RSSリーダーで購読する

Facebookの反応