広江礼威の人気漫画「BLACK LAGOON」が3年ぶりに連載を再開

スポンサードリンク

広江礼威の人気漫画「BLACK LAGOON」が3年ぶりに連載を再開 連載再開を伝える文章(引用:VIOLENT DOGS DIVISION)

 

広江礼威の人気漫画「BLACK LAGOON」が3年ぶりに連載を再開することが明らかとなった。

 

2001年 4月号  初掲載 「月刊サンデーGX(読み切り)」

2002年 5月号  連載開始

 

 

2010年 6月号  長期休載中(ストーリー「The Wired Red Wild Card」-未完)

2013年 2月号? 連載再開

ストーリー

日本の一商社・旭日重工(あさひじゅうこう)の社員だった岡島緑郎は、会社の機密ディスクを運ぶ任務中、南シナ海で違法な運び屋・ラグーン商会にディスクを奪われ、自らも拉致されてしまった。商会は、ディスクと緑郎を引き換えに旭日重工からの身代金奪取を狙っていたが、機密漏洩を懸念した旭日重工と彼の上司・景山は、ディスクと緑郎を両方消滅せんと画策し、傭兵派遣会社・エクストラ・オーダー(E.O.)へ商会の襲撃を依頼した。やがて、旭日重工が自分を見捨てたことを景山に伝えられ、E.O.の襲撃に遭った緑郎は、狼狽の果てに閃いたアイディアを商会のメンバーへ提案し、この危機の打破に成功する。

その後、景山は再会した緑郎に対し、旭日重工社員としての日本帰還を何事も無かったかのように促す。しかし、「俺はもう死んでるんですよ。あんたがそう言った」と不信感を露にした緑郎は、「俺はロックだ!」と名乗って帰還を拒否する。商会から誘われ、その見習い水夫となった緑郎ことロックは、商会の船「ブラック・ラグーン号」に乗り込み、危険な任務へ赴くようになる。

 

引用:「ブラック・ラグーン」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/

 

この記事をサイトに埋め込む
スポンサードリンク
この記事をシェアする
RSSリーダーに登録する

 RSSリーダーで購読する

Facebookの反応