【動画】安全を訴える動画の中毒性がヤバイと話題に

スポンサードリンク

「こういうことをしちゃダメだよ」と子供にアニメを通じてわかりやすく教える、といえば日本ではAC(公共広告機構)の十八番ですが、海外でもそのようなアニメが作られることがあるようです。

オーストラリアの鉄道会社が制作したこちらの動画では、可愛らしいキャラクターがポップな曲に合わせて「こんな死に方はバカらしいでしょ?」と言いながらボコボコになっていきます。

日本語字幕付きバージョンはこちら

「野生の熊を棒でつつく」とか「殺人鬼を部屋に招く」といったいわゆる「それは死亡フラグだよ」といったことをわかりやすく教えてくれます。親切ですね。

「でもなんで鉄道会社がこんなものを?」という疑問を持ちますが、2分20秒あたりでその謎も解決します。

「駅のプラットホームの端に立ち・・・」

「踏切で待てずに強行突破を図り・・・」

「プラットフォーム間の線路の上をおもむろに渡ってみる・・・」

なるほど。鉄道会社からのお願いでしたね。それにしても前置きが2分強とは恐れ入ります。

非常に覚えやすいメロディなので、子供も大人も思わず口ずさんでしまいそうです。

是非、日本語版として芦田愛菜ちゃんあたりに歌わせて、最後に「エーィシー」と入れて放送してほしいものです。

この記事をサイトに埋め込む
スポンサードリンク
この記事をシェアする
RSSリーダーに登録する

 RSSリーダーで購読する

Facebookの反応