【簡単】iPhoneのカメラで手ブレを抑えて綺麗な写真を撮る方法

スポンサードリンク

 

本題に入る前に、まずは僕が昨日iPhoneで撮影した写真をどうぞ

 

iPhoneにしては綺麗に撮れていると思いません?ちなみにアップロードのサイズの制限もあったので、若干サイズを修正してこれなので、実物はもっと綺麗です。

というわけで今回は写真の素人の僕でもそこそこ綺麗な写真を撮ることができる簡単な方法を2つご紹介させて頂きます!

まず最初に失敗写真の原因の究明から

iPhoneの手ブレの原因

ずばりこれだと思います。

普通のカメラでシャッターを勢い良く押すと手ブレの原因になるのと同じで、iPhoneもシャッターボタンをタップする時に本体が揺れて手ブレの原因になります。

特に「決定的瞬間を撮りたい!」という焦りがあると指に力が入ってしまい、余計にブレます。

この「手ブレ」を抑えることで激的に綺麗に取れるようになるはずです。

では1つ目です

 シャッターボタンの押し方を変える

実はiPhoneのシャッターボタンは「押した瞬間」ではなく「離した瞬間」に有効となるんです。

これを利用して

最初からシャッターボタンに指を置いた状態から・・・離す!

これだけで結構違います。

 

そして2つ目は・・・

 純正イヤホンをシャッター代わりにする

実はApple純正のイヤホンの音量ボタンを押すとシャッターがきれます。

これが一番手ブレを抑えれます、が・・・常にイヤホンを差しているわけではないので「この瞬間を撮りたい!」って時には不向きかもしれません。

あとはピントを合わせたい部分にタップして撮影するだけでそこそこ綺麗な写真が撮影できますよ!

カメラ起動時に上部に表示される「オプション」から「グリッド表示」でグリッドを表示させて構図も調整するとよりGOODです♪

この記事をサイトに埋め込む
スポンサードリンク
この記事をシェアする
RSSリーダーに登録する

 RSSリーダーで購読する

Facebookの反応