【体長1.5m】吸血鬼の牙を持つ”めっちゃちっこい”恐竜が発見される

スポンサードリンク

アメリカの古生物学者が「吸血鬼のような牙を持つ小型草食恐竜を発見した」と発表し話題を呼んでいる。

ナショナルジオグラフィック協会のウェブサイトZooKeysで紹介された新種のこの恐竜は、体調60フィート(約1.5m)で大型犬くらいのサイズ、口には吸血鬼のような牙を持つが、この牙は植物を引き裂く為に使うもので、草食だという。

 

が新種の同定されたドワーフの恐竜を 2鋭い牙は、ナショナルジオグラフィック協会のウェブサイトZooKeysに発表された研究によると、植物だけを供給されているにもかかわらず、。

研究者は、200万年前に生息していたと思われるこの恐竜に関して

「噛まないように訓練すればペットにもできますよ」

とのこと。

この記事をサイトに埋め込む
スポンサードリンク
この記事をシェアする
RSSリーダーに登録する

 RSSリーダーで購読する

Facebookの反応