近未来感を減らしたら逆に近未来感が爆発したホバーボート「ArcaBoard」が凄い!

スポンサードリンク

AB_Creation_Video

数年前から大手クラウドファンディングサイトなどを中心に盛り上がりを見せていた空飛ぶボード「ホバーボート(ホバークラフト)」ですが、2015年はホバーボード元年と言っても過言ではないくらい世界中で映画やアニメの中から飛び出したような近未来感溢れるホバーボードが発表され、僕達の心をわしずかみにしたわけですが、そんな中、他とは一線を画するデザインのホバーボードが2015年も終わろうとする今に登場しました。

 

近未来感はどこいった

ArcaBoard_large_26

世界中の人々が機械のようであり生物のようでもある美しい流線型の近未来感たっぷりのホバーボードを待ち望む中、颯爽と登場したこの「ArcaBoard」というホバーボード、ご覧のとおり板です、説明のしようがないほど板なんです。

 

ArcaBoard_large_16

ところがどういうことだろうか、何故かこの近未来感のかけらもないLEGOブロックっぽいただの板がフワフワと浮くだけでとんでもない近未来感をかもし出すのだ、なんだろうかこの一周回って新しい感覚は、今まで見たどのホバーボードより乗ってみたいじゃないか!

 

見た目に反してハイパワー!

AB_Outside_1

AB_Inside_5

ArcaBoardの推進力を生み出しているのは底面部に埋め込まれた36個ハイパワー電動ダクテッドファンで、このファンで、車両自体の制御やナビゲーションはスマートフォンで操作する仕様となっている。

連続運転時間は6時間で、驚くべきは35分という短時間で再充電が可能である点だ、これはもしかすると車体を操作するスマートフォンの充電のほうが長い可能性もある。

その他の詳しい仕様は製品プロダクトページで確認することができ、実際に動いている様子は動画でみることができるので是非チェックしてみてほしい。

2016年はホバーボードの飛躍の年となることは間違いない、来年の今頃には実際にホバーボードに乗った様子のレビュー記事なんかも書けるかもしれない?

 

メイキングは動画でどうぞ

The Making of ArcaBoard from ARCA on Vimeo.

 

プロダクトページ

ArcaBoard

 

この記事をサイトに埋め込む
スポンサードリンク
この記事をシェアする
RSSリーダーに登録する

 RSSリーダーで購読する

Facebookの反応