禁煙のメリットを経過時間に沿って説明してくれるアニメーション「Quitting Smoking Timeline」

スポンサードリンク

愛煙家の皆さんに質問です、一日何本の煙草を吸いますか?僕は禁煙してからかれこれ3年以上経ちますが喫煙していた頃は一日に1箱(20本)くらい吸っていましたがとても良いキッカケを手に入れたことで辞めることができました、ちなみに「辞める」と決めてから1本も吸っていません。

このように何か”キッカケ”さえあればあっさり辞めることができる人も実は結構いるわけで、今回はそんな禁煙できる意思を持っているにも関わらずキッカケに出会えていない方に是非見てもらいたい禁煙アニメーションをご紹介しようかと思います。

 

【禁煙したくなる動画】禁煙のメリットを経過時間に沿って説明してくれるアニメーション「Quitting Smoking Timeline」

いつものように煙草を吸う男性、時計はこの男性が煙草を投げ捨てた瞬間から進み始めます。

 

 

【禁煙したくなる動画】禁煙のメリットを経過時間に沿って説明してくれるアニメーション「Quitting Smoking Timeline」

【禁煙したくなる動画】禁煙のメリットを経過時間に沿って説明してくれるアニメーション「Quitting Smoking Timeline」

禁煙を始めてから8時間後、体内のニコチンはまだ93.25%も残っている状態でまだまだ煙草を欲する身体の状態にあることがわかります。

 

 

【禁煙したくなる動画】禁煙のメリットを経過時間に沿って説明してくれるアニメーション「Quitting Smoking Timeline」

更に時間は経過し、アニメーションでは時間の経過と共に身体にどんな変化が起きているのかを説明しながら進みます。

 

 

【禁煙したくなる動画】禁煙のメリットを経過時間に沿って説明してくれるアニメーション「Quitting Smoking Timeline」

時計の針は進み、遂に72時間経過、この時点でめでたく体内のニコチンは0%になり本当の意味での禁煙のスタートラインに立ったことがわかります。

 

【禁煙したくなる動画】禁煙のメリットを経過時間に沿って説明してくれるアニメーション「Quitting Smoking Timeline」

ちなみにニコチンから開放されると花の香りが良い香りだということがわかるようになります、こういうのも観ていて禁煙の目標になりますよね。

この後もアニメーションは1年・・・2年と進み、最終的に20年後にはどうなっているかという結末に向かいます。

全編英語ですが英語がわからなくてもアニメの内容だけで十分に理解できる作りとなっているので禁煙を予定している方は是非一度観てみてください、仮に禁煙できなかったとしてもきっと何か得るものはあると思いますよ。

 

 

この記事をサイトに埋め込む
スポンサードリンク
この記事をシェアする
RSSリーダーに登録する

 RSSリーダーで購読する

Facebookの反応