近未来感が半端ない美しすぎるコンセプト車「Volkswagen AERROW」が凄い

スポンサードリンク

僕は車にあまり詳しくないのでフォルクスワーゲンと聞くとどうしてもVolkswagen Type 2、いわゆる「ワーゲンバス」を想像してしまうのでどちらかと言えばフォルクスワーゲンに対してポップなイメージを持っていたのですが、ドイツ人デザイナーAndreas Blazunaj考えるフォルクスワーゲンは全く違っていました、それがこちら

 

近未来感が半端ない美しすぎるコンセプト車「Volkswagen AERROW」が凄い

名前は「Volkswagen AERROW(フォルクスワーゲン アロー)」といい、タイヤは2つ、バイクと車の中間的なものをイメージしているとのこと。

コンセプトではジャイロセンサーを搭載しており、万が一の事故の時も安全な位置を確保する仕様となっている。

現段階ではあくまでもコンセプトですが、子供の頃に目を輝かせて見ていたSF映画の中の未来の乗り物が現実のものとなる日もそう遠くない未来なのかもしれません。

 

近未来感が半端ない美しすぎるコンセプト車「Volkswagen AERROW」が凄い

近未来感が半端ない美しすぎるコンセプト車「Volkswagen AERROW」が凄い

近未来感が半端ない美しすぎるコンセプト車「Volkswagen AERROW」が凄い

近未来感が半端ない美しすぎるコンセプト車「Volkswagen AERROW」が凄い

近未来感が半端ない美しすぎるコンセプト車「Volkswagen AERROW」が凄い

近未来感が半端ない美しすぎるコンセプト車「Volkswagen AERROW」が凄い

近未来感が半端ない美しすぎるコンセプト車「Volkswagen AERROW」が凄い

 

 

via

Andreas Blazunaj

この記事をサイトに埋め込む
スポンサードリンク
この記事をシェアする
RSSリーダーに登録する

 RSSリーダーで購読する

Facebookの反応