誰からも反応がなかった悲しいツイートを検索してくれるサービス「Sad Tweets」

スポンサードリンク

誰からも反応がなかった悲しいツイートを検索してくれるサービス「Sad Tweets」

リムにも負けず ブロックにも負けず

時には鍵垢の陰口にも負けぬ丈夫な精神をもち

欲はなく 決してリプライが来ずとも笑っている

ネタを呟けばつまらないからやめろといわれTLで涙を流し

RTもされず ふぁぼもされず

そういうものに わたしはなりたい

 

 

 

・・・ってなりたくないよ!誰かRTしてくれよ!ふぁぼってくれよ!というのがツイッタラーの本音、だってどうせ呟くなら反応を貰いたいですもんね・・・でも毎回毎回みんなが構ってくれるわけもなく、当然誰からも反応してもらえずひっそりとTLに埋もれていく悲しいツイートがあると思います。

今回ご紹介する「Sad Tweets」というWebサービスはそんな誰からも反応を貰えなかった悲しいツイートを検索して表示してくれるサービスなのです、というわけで早速使ってみました。

 

まずは「Sad Tweets」を認証しよう

とりあえず「Sad Tweets」にアクセスするとこんな画面に

 

誰からも反応がなかった悲しいツイートを検索してくれるサービス「Sad Tweets」

下の「Discover Now」ボタンをクリックします。

 

誰からも反応がなかった悲しいツイートを検索してくれるサービス「Sad Tweets」

許可してもいいよって方は「連携アプリを認証」を押して次へ進んで下さい。

 

実際に悲しいツイートを表示してみよう

誰からも反応がなかった悲しいツイートを検索してくれるサービス「Sad Tweets」

認証が完了すると「アあなたの最も悲しくて孤独なツイートを表示します・・・」的なメッセージが表示されるのでしばらく待つと・・・

 

誰からも反応がなかった悲しいツイートを検索してくれるサービス「Sad Tweets」

画面の奥のほうから「◯◯日間RTもふぁぼもされていないよ・・・」というメッセージと共に誰からも反応されなかった悲しいツイートがふわぁ~・・・とフェードインしてきます。

ずっと見ていると最初は懐かしさ、後からなんとも言えない悲しさ・虚しさがこみ上げてきます、もう・・・やめてくれ!!

 

この「Sad Tweets」は悲しさに浸る使い方以外にも、何故このツイート(記事)は誰からも反応してもらえなかったんだろう?とかこのツイート(記事)は投稿のタイミングさえハマれば結構反応してもらえるかもしれない、という具合に自分の過去の投稿を振り返って分析するのにも使えると思うのでサイト運営者の方は一度使ってみると面白いかもしれません。

 

サイトはこちら

Sad Tweets

 

 

この記事をサイトに埋め込む
スポンサードリンク
この記事をシェアする
RSSリーダーに登録する

 RSSリーダーで購読する

Facebookの反応