リアルドスファンゴだ!アメリカで500ポンド(約230kg)の巨大イノシシが狩猟されて話題に

スポンサードリンク

リアルドスファンゴだ!アメリカで500ポンド(約230kg)の巨大イノシシが狩猟されて話題に

アメリカ合衆国、ノースカロライナ州の狩猟クラブ「(White Oak Ranch Hunting Club)ホワイトオークランチ狩猟クラブ」のハンターが狩猟した体重500ポンド(約230kg)の巨大イノシシが話題となっている。

巨大イノシシをハントしたベテランハンターのウェッブ氏曰く「このイノシシは308口径のライフルで一撃で仕留めました、イノシシの肉は食料として家族に提供し、他の部分も無駄にするつもりはない」とのこと。

狩猟に関しては様々な意見があるとは思いますが、同狩猟クラブの会長であるマイク·マンセル氏によると「我々はイノシシを排除するつもりはない、野生のイノシシは年々増え続けていて、そのままにしておくと乗算的に増え続けていき、人間に危害を加える恐れもある」とのことで、ただ面白おかしく狩り続けているのではなく、生態系への配慮もしっかりされているようです。

実際のイノシシの写真などは下記のリンク先を参照下さい。

 

参考記事

Update: Conetoe man bags 500+ pound Bertie County hog

この記事をサイトに埋め込む
スポンサードリンク
この記事をシェアする
RSSリーダーに登録する

 RSSリーダーで購読する

Facebookの反応