写真に髭を合成できるアプリ「Beard+」で佐村河内守氏の髭を再現できるか検証してみた

スポンサードリンク

撮影した写真またはカメラロールに保存された写真に色々な種類の髭や飾りを合成することができる「Beard+」というiPhoneアプリが面白そうだったので早速ダウンロードしてみた。

どういったアプリか紹介する意味も兼ねて、最近髭を剃ってガラリと印象が変わった話題の人「佐村河内守」氏の髭を完全再現できるかどうか検証してみることにしました、よし!頑張るぞ!

 

「Beard+」の使い方

アプリを起動すると2つのアイコンが表示される、左が「撮影した写真に合成する」機能で、右が「カメラロールに保存された写真に合成する」機能だ、至ってシンプルでわかりやすい。

 

画像を選択する

会見の様子をキャプチャーした画像があったので今回はこれを使うことにした。

何度見ても同一人物とは思えないほど印象が違うなぁ、印象って大事ですね。

 

画像を選択するとこのような編集画面になるので上部にある髭の写真をタップしてみた。

 

 

合成する髭を選択する

選択できる髭はこの通り、左が無料で使える素材で、右が有料の素材、一つ前の画面の左右のアイコンで無料と有料を分けているようで、真ん中のアイコンはスタンプのような素材を合成できる機能だった。

今回はもちろん無料でトライしてみることにした、流石にいきなり課金するのはキツい。

 

髭を配置する

ここにきて重大なことに気付く。

「佐村河内守」氏が小ざっぱりする前の姿が思い出せないのだ。

確か長髪でグラサンで、太ったミスターマリックみたいな印象だったのは覚えているんだけど肝心の髭が思い出せない。

鼻の下にあったかなかったか・・・まぁ取り敢えずなるようになるかということで適当な髭をチョイスして合成してみた。

うーん・・・何か違うような気がするけどまぁいいや、こういうのは勢いが大事だよね!

 

次は髪の毛だ。

・・・と思ったけど、よく考えるとこのアプリは「髭」を合成するアプリであって髪の毛を合成するアプリではなかった。

無論、髪の毛の素材などないので仕方なくこの「クロワッサン」ぽい形の素材を使うことにした。

使ってみて分かったが、縮小や回転もできるみたいだ、地味に凄いなぁこのアプリ。

 

 

 続いて長髪の部分とグラサンの部分だが、思いの外この「クロワッサン」のような素材が使えそうなので縮小・回転を繰り返しつつ次々とクロワッサンを配置していくことにした。

 

 

 どぅんどぅん付け足していく。

若干楽しくなってきたが、残念ながらレイヤー機能がないので修正したい部分の素材を選択しようとすると他の素材が選択されてイライラしてきた。

このまま1時間くらいこれをやっていると発狂するんじゃないかという予感がしてきたので急いでクロワッサンを配置することにした、頑張れ自分!

 

そして髭・髪の毛・グラサンと全てクロワッサン的素材でゴリ押しした結果出来上がったのがこれだ!!

 

 

 

 

 

 

 

 結論「無理」

 

 

やっぱりこのアプリは髭を合成する為のアプリであって、長髪やグラサンを作るアプリではないということがハッキリと分かった。

合コンで「ちょっと写真撮ろうよ!」と言いつつ髭を合成して「できたよー!」「きゃー!何これ!やめてーウフフwww」みたいなノリでキャッキャウフフするには適したクオリティだと思うのでそういった場面で利用してみてはいかがだろうか?ちなみにアプリ自体は無料ですよ。

 

それでもダウンロードしたいんや!という人は下記のリンクからどうぞ。

 

写真に髭を合成できるアプリ「Beard+」

Beard+

この記事をサイトに埋め込む
スポンサードリンク
この記事をシェアする
RSSリーダーに登録する

 RSSリーダーで購読する

Facebookの反応