筋トレしないと止まらないダンベル型目覚まし時計「WAKE UP WORK OUT ALARM CLOCK」

スポンサードリンク

 

朝、目覚ましが鳴っても「あと5分だけ・・・」と自分で止めてしまい、気がつけば遅刻確定の時間!なんて状況は誰もが一度は経験したことがあると思いますが、そもそも目覚まし時計に問いたい「何故そんなに簡単にアラームが止まるのか?」と。

遅刻するのは自分のせいじゃない!全部目覚まし時計のせいなんだ!というその気持ち、思いっきりこれにぶつけてみませんか!

 

鉄アレイ(ダンベル)型の目覚まし時計「WAKE UP WORK OUT ALARM CLOCK」です。

使い方はいたって簡単。

 

目覚まし「ピピピピピピ!!!(起きろ!!時間だ!)」

う・・・うーん・・・もうちょっとだけ寝かせて・・・本来ならここでスヌーズボタンを押せばしばらくは目覚まし時計が黙るわけですが、この「「WAKE UP WORK OUT ALARM CLOCK」」は違いますよ。

 

液晶部分に表示された回数(基本は30回)だけ筋トレ(カール)をすることで止まるんです、これなら嫌でも起きられる!

30回といえば結構な回数ですからね、筋トレが終わった頃には目も覚めているに違いないはずです。

海外のサイトで紹介されていた商品ですが日本でも販売しているようなので朝どうしても起きられないという人は一度試してみてはいかがでしょうか?

 

ネタ元はこちら(海外)

 WAKE UP WORK OUT ALARM CLOCK

 

買うならこちら

 VERSOS ダンベルアラームクロック ホワイト HA-3009

この記事をサイトに埋め込む
スポンサードリンク
この記事をシェアする
RSSリーダーに登録する

 RSSリーダーで購読する

Facebookの反応