義足・妊娠初期など外見からは分かりにくい配慮を必要とする方を識別するマーク「ヘルプマーク」を広めよう

スポンサードリンク

義足・妊娠初期など外見からは分かりにくい配慮を必要とする方を識別するマーク「ヘルプマーク」を広めよう

ヘルプマーク

 義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、または妊娠初期の方など、援助や配慮を必要としていることが外見からは分からない方々が、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで、援助を得やすくなるよう、作成したマークです。
 ヘルプマークの配布や優先席へのステッカー標示等を、平成24年10月から都営地下鉄大江戸線で開始し、さらに、平成25年7月から全ての都営地下鉄、都営バス、都電荒川線、日暮里・舎人ライナーへと拡大して実施しています。
 ヘルプマークを身に着けた方を見かけた場合は、電車内で席をゆずる、困っているようであれば声をかける等、思いやりのある行動をお願いします。

東京都福祉保健局が作成した、外見からは分かりにくい配慮を必要とする方を識別する「ヘルプマーク」というのをご存知でしょうか?恥ずかしながら僕はTwitterで拡散されている情報で初めて知りました。

僕自身も妻が妊娠初期の頃マタニティマークに気付いて貰えず電車で長時間立たせてしまい「こういったマークはもうちょっと周知されるべきだな」と思った経験があります。

より多くの人に知ってもらい、思いやりの行動に繋がることを願って紹介させて頂きました。

ちなみにマタニティーマークはこちら

この記事をサイトに埋め込む
スポンサードリンク
この記事をシェアする
RSSリーダーに登録する

 RSSリーダーで購読する

Facebookの反応