Facebookページの「リーチ」「話題にしている人」の数が下がった時に有効な対策

スポンサードリンク

Facebookページを始めたばかりの頃は沢山押してもらえていた「いいね!」や「コメント」も、日が経つにつれて減少していき、今となっては見る影もない・・・どうしてなんだー!!と悩んでいる管理者の人は結構いるんじゃないかと思いますが、そもそも何故今まで通り、むしろ昔より頑張って運営しているはずなのに「投稿のリーチ」や「話題にしている人」が下がっていくのか?ここをまずわかりやすく説明してみようと思います。

 

ページ購読を開始した直後のエッジランクはMAX!

Facebookページの「リーチ」「話題にしている人」の数が下がった時に有効な対策

自分のFacebookページに興味を持ったユーザーがページの「いいね!」を押した=購読を開始した(フォローした)瞬間はエッジランクはほぼ最高の状態をキープしていると思われます。

理由としてはやはり反応の良さ=リーチ(投稿がフィードに表示される)確率が非常に高いところにあると思います。

投稿がニュースフィードに表示される確率が高いということが「いいね!」や「コメント」をもらえる確率も高いので結果的にエッジランクはキープされやすくなるわけです。

 

しかしエッジランクは絶対に下がる!

Facebookページの「リーチ」「話題にしている人」の数が下がった時に有効な対策

しかし残念ながら100%「いいね!」を押してもらうことも「コメント」を頂くこともほぼ不可能に近い為、エッジランクは日々低下してくと考えて良いと思います。

エッジランクが下がると図にもあるように「投稿のリーチ」が徐々に減り始めます、具体的に言うと「投稿したにも関わらずユーザーのニュースフィードに投稿が表示されない」という状況が増えます。

リーチが減ると「いいね!」を押す確率も下がりますし、ますますエッジランクは低下します。

ただ、ここで大事なのは表示されなくなる前の「表示されたにも関わらず反応が無かった」という状況です、これはFacebookのエッジランクアルゴリズムからすると「興味が無かったから反応しなかった」ということになり、エッジランクを下げる大きな要因となります、つまり「表示されない」ことより「表示されたのにスルーされる」ほうがキツいのです。

 

あがけばあがくほどエッジランクは低下する

Facebookページの「リーチ」「話題にしている人」の数が下がった時に有効な対策

先程説明した「表示されたのにスルーされた」という状況が非常にマズイ理由を理解していないと「こうなったら数で勝負だ!」と考えて投稿数を増やしてしまい、更に状況は悪化します。

数を増やして記事の内容も良くなっているのであればまだしも、内容のない投稿を連投すれば結果は火を見るよりも明らかでエッジランクは更に下がります、仕組みとしては先程述べた通りエッジランクのアルゴリズムで「興味のない記事を投稿する確率が高い」と判断されるからです。

恐らくここらへんまで来るとFacebookページを開始して数ヶ月は10:8くらいはあった「ページのいいね!の数」と「話題にしている人」の比率が10:1くらいになっているんじゃないかと思います。

 

どうすればエッジランクは回復するのか?

Facebookページの「リーチ」「話題にしている人」の数が下がった時に有効な対策

上の図はFacebookページのインサイトの「投稿」>「最も効果的な投稿のタイプ」のグラフです。

各項目は

 ・ステータス : 文字のみ

 ・写真     : 写真(+テキスト)

 ・リンク    : リンクを含む投稿

ざっくりこんな感じで捉えて良いかと思います。

※ちなみに写真+テキスト+リンクは「写真」として扱われるようです。

 

この図を見て分かる通り「ステータス > 写真 > リンク」の順でユーザーのニュースフィードに表示される確率が高くなります、これはつまりステータスの「投稿クリック数」が「0」なのは文字はクリックできないからで、写真の「投稿クリック数」が高いのはリーチされる確率が高いというのと大きく表示さえる写真がアイキャッチとして優秀だからです、そして一番リーチされない「リンク」は「いいね!」の数も「投稿クリック数」も低くなっています、これは根本的にリーチされていないからという物理的な問題です。

で、このデータを見てオススメすることは下記の2点

 ・投稿数を減らす

 ・投稿のタイプは「ステータス(文字のみ)」を多く使う

投稿の数を減らす理由は何度も書いた通り「スルーされる確率を減らす」為で、投稿のタイプをステータス(文字のみ)にするのは単純に物理的なリーチ確率の問題です。

更に具体的に言うと

 ・ユーザーのいない時間には投稿しない

 ・反応しやすい内容を投稿する

ということとなり、オススメとしては朝の挨拶やランチタイムの写真の投稿などです、おはようと言えばやはりおはようというのが常ですし、美味しそうなご飯を見れば「うまそー!」と返すのもまた常です。

と、こういう風に書くとちょっと作業的なイメージに見えてしまいますが、簡単に言えば「ちゃんとコミュニティを取る」ということに尽きます、もともとエッジランクの仕組みやリンク投稿がリーチしにくい理由はスパムや業者を嫌ったFacebookの体質からくるもだと思うのであまり機械的にならず人間味のある運営を心掛ければ自ずと数値は回復していくのではないでしょうか。

かくいう僕もここ数ヶ月は仕事がバタバタしていたせいもあって作業的、機械的になっていたせいでリーチを下げてしまっていたので最近は必ず朝の挨拶+小ネタを投稿するようにしています。

結果は・・・

Facebookページの「リーチ」「話題にしている人」の数が下がった時に有効な対策

一時期363まで落ち込んでいたリーチが1842まで回復しました。

なにより「挨拶」すると気持ちいいし反応を貰えると嬉しいのでリーチ数の回復とかは関係なく楽しめているのが一番良いことだと思います。

この記事をサイトに埋め込む
スポンサードリンク
この記事をシェアする
RSSリーダーに登録する

 RSSリーダーで購読する

Facebookの反応