「避難勧告」と「避難指示」の違い

スポンサードリンク

台風18号による大雨の影響で、京都市は「桂川と宇治川にはんらんの恐れがある」と判断した。16日午前9時半現在で、同市の南、右京、西京、伏見の4区の計10万9964世帯、計26万8445人に避難指示を出した。また1万5395世帯、3万3993人に、大阪市は16日午前7時10分、同市南部を東西に流れる大和川がはんらんする恐れがあるとして、住吉、平野、住之江、東住吉の4区の計約13万1千世帯、計約30万人に避難勧告を出した。

(引用:朝日新聞)

今回発令された「避難指示」は普段発令される「避難勧告」より更に拘束力の強いものとなる為、より一層の警戒が必要だということを理解しておきたい。

また、「避難勧告」と「避難指示」では規定している法律も異なる為、避難指示が発令された場合は警察官以外に市の職員なども「立退き指示」をすることが可能となっているとのこと。

詳しくは下記のリンク先で詳しく説明されているのでご確認ください。

(出典:http://www.city.sasayama.hyogo.jp/)

この記事をサイトに埋め込む
スポンサードリンク
この記事をシェアする
RSSリーダーに登録する

 RSSリーダーで購読する

Facebookの反応