古く錆びた空き缶の底を使ったコロジオン写真

スポンサードリンク

古く錆びた空き缶の底を使ったコロジオン写真。

作者は「David Emitt Adams

古く錆びた空き缶の底を使ったコロジオン写真

古く錆びた空き缶の底を使ったコロジオン写真

古く錆びた空き缶の底を使ったコロジオン写真

古く錆びた空き缶の底を使ったコロジオン写真

 Images © David Emitt / via

 

その他の写真はこちら

PHOTOGRAPHIE AU COLLODION HUMIDE ET BOITES DE CONSERVE

 

コロジオン写真とは

コロジオンを用いた写真方式である。ガラス板の上にコロジオン(感光剤の定着材として)と硝酸銀溶液(感光剤として)を塗布し、それが乾かないうちに撮影を行う。この写真法が開発されるまでは既存の写真法で10秒から1分くらいの露光が必要であったが、この写真法では5秒から15秒の露光で撮影が可能となった。

(引用:Wikipedia)

この記事をサイトに埋め込む
スポンサードリンク
この記事をシェアする
RSSリーダーに登録する

 RSSリーダーで購読する

Facebookの反応