「Office for Mac」をインストールするとフォントが残念なことになる現象の回避策

スポンサードリンク

 「Office for Mac」をインストールするとフォントが残念なことになる現象の回避策

知人がFacebookで「Office for Mac」をインストールしたら今まで綺麗に見れていたWebサイトのフォントがザラザラになった!!という悲痛な叫びを投稿していて、想像しただけでも大変残念なKIBUNになってしまいた。

多分そのサイトのフォントの設定がアンチエイリアシングが効かないフォントが優先となっていて、そのフォントがばっちり「Office for Mac」に入っていたという感じでしょうか。

一応ユーザースタイルシートで回避できるとのことでメモがてら置いておきます。

ついでにMS Pゴシックをアンチエイリアスする方法(サイト運営者向け)も。

 

サイトを見るほうの人はこちら

 

Office for Mac のインストールするフォントが Web サイトの表示にも使われてしまうのはユーザ・スタイルシートで回避できるよ、というお話

 

 サイトを見せるほうの人はこちら

 

“MS Pゴシック” をメイリオみたいにアンチエイリアスさせるCSS3ハック

 

この記事をサイトに埋め込む
スポンサードリンク
この記事をシェアする
RSSリーダーに登録する

 RSSリーダーで購読する

Facebookの反応