【WEBサービス】写真にリンクを埋め込めるサービス「thinglink 」の使い方

スポンサードリンク

写真にリンクを埋め込める「thinglink」という便利なサイトがあると聞いたので実際に使ってみました。

百聞はなんちゃらかんちゃらと言いますのでスクリーンショットをご覧ください。

「thinglink 」の使い方

まずthinglinkにアクセスして右上の(赤点線)部分を押します

 

「Facebook」「Twitter」のアカウントでログインするかメールアドレスを入力してログインするかを選びます。

入力が面倒だったのでTwitterアカウントでログインしました。

 

次に右上の「CREATE」を押します。

 

次に写真をアップロードします。

ドロップするだけでOKなので楽でした。

 

 

 リンクを埋め込みたい場所を選びます。

埋め込むリンクのURLとアイコンを選択してから「SAVE」を押します。

 

 

最後に「Save」を押して作成は完了です。

「Save」の下のチェックボックスにチェックを入れるとFacebookにシェアできるみたいです。

 

 

作成した画像の左に表示されるメニューから「画像の共有」を選んでSNSに投稿すればOKです。

実際に埋め込んだ画像はコチラ

リンクのマーカー(アイコン)にFacebookやTwitter、メールのマークなどがあるので、固定で使う画像などに各SNSホームリンクを埋め込んで置くと便利かもしれませんね。

 

 写真にリンクを埋め込めるサービス「thinglink 」

thinglink

この記事をサイトに埋め込む
スポンサードリンク
この記事をシェアする
RSSリーダーに登録する

 RSSリーダーで購読する

Facebookの反応