【今日の1曲】Red Hot Chili Peppers – Scar Tissue

スポンサードリンク

 【今日の1曲】Red Hot Chili Peppers - Scar Tissue

今日の1曲はRed Hot Chili Peppersの名曲「Scar Tissue」にしてみました。

この歌「Scar Tissue」って一体何を歌ったんだろうと長年思っていて何度か調べたのですが、実は英語圏の人でも良くわからないらしく、刺青のことだとか、リストカットのことだとか麻薬の感覚のことだとか色々言われているそうで「良くわからない」というのが答え?みたいです。

まぁ何だかわからないまま聴いてもあれなので、今日は曲の背景などを詳しく書いてあるサイトから引用して説明を付け加えておこうかと思います。

 

 概要

1999年リリースのアルバム『Californication』からの初シングル。
本作は2000年のグラミー賞において、Best Rock Song賞を受賞。
1992年に突如脱退したギタリストJohn Fruscianteの復帰作として一発目。

ギターのメロウなイントロから始まり、ゆったりした旋律とシンプルな演奏が
Anthonyの歌を際立たせている。
哀愁たっぷりのギターソロは正に「枯れたギター」。
一皮剥けた大人のChili Peppersが垣間見える一曲。

メンバー4人を乗せた車がひたすら砂漠の長い一本道を走る、
という一見何の捻りもないビデオに見えるが、これが実は奥深い。

 

Music Video

長い一本道は彼らのバンド人生を象徴しており、
傷だらけの彼らを乗せて、朝から晩まで走り続ける。

ここまでChili Peppersは長く険しい道を歩んできた。
初代ギタリストでありメンバーの大親友であったHillelの死、
メンバー間のトラブルやJohnの脱退、人気の低迷等、
いくつもの困難を乗り越えて来た。

誰もが「Hillelのようにアイツは死ぬ」と確信していたJohnのドラッグ中毒。
そのJohnが戻ってきたのは1998年で、
“Scar Tissue”をリリースしたのは、その翌年のこと。

このバンド人生を、彼らは傷だらけになりながらも生きてきた。
ぼろぼろになっても前進し続ける彼らを再現したMusic Video。

 

(引用:Red Hot Chili Peppers-知っておきたい名曲【Scar Tissue】)

この記事をサイトに埋め込む
スポンサードリンク
この記事をシェアする
RSSリーダーに登録する

 RSSリーダーで購読する

Facebookの反応