Twitter、Facebookなどが「重い」「落ちた?」と思ったら見るサイト「API STATUS」

スポンサードリンク

TwitterやFacebook、DropboxにEvernoteと様々なWebサービスを日々使って生活をしている中で

「あれ?何か重い・・・」

「繋がらない・・・私だけ?」

ってことも多々あると思います、そんな時にいちいち各サービスの稼働状況をチェックするサイトを覗いで状況をチェックするなんて邪魔臭い!どうせなら主要のWebサービス全てを一気にチェックしちゃおう!

という便利なサイトをご紹介(ちなみに確認できるのは各サービスの提供しているAPIの稼働状況です)

 

 API STATUS

http://api-status.com/

 

Twitter、Facebookなどが「重い」「落ちた?」と思ったら見るサイト「API STATUS」

Amazon、Dropbox、Facebook、Flickr、LinkedIn、Tumblr、Twitter、Youtubeなどなど主要Webサービスが落ちていないかを一斉にチェックできます。

 

Twitter、Facebookなどが「重い」「落ちた?」と思ったら見るサイト「API STATUS」

ステータスは

  • 「緑」・・・・・「良好」
  • 「黄色」・・・「パフォーマンスに問題あり」
  • 「赤」・・・・・「サービス中断」
  • 「黒」・・・・・「メッセージあり(公式に告知されている場合?)」

自分が重いと思ったサービスの状態が緑の場合は自分の環境に起因するといことです、その他はWebサービス側のサーバダウンや不調などのトラブルが発生しているということになります。 

Twitter、Facebookなどが「重い」「落ちた?」と思ったら見るサイト「API STATUS」

他にも過去一週間の稼働状況や

 

 Twitter、Facebookなどが「重い」「落ちた?」と思ったら見るサイト「API STATUS」

サービス別の詳細データも見れますよ。

これはDropboxの過去1週間のデータです、ちょっと不安定?

 

 

 というわけでWebサービスが重いと感じたら是非ご活用下さい。

 

この記事をサイトに埋め込む
スポンサードリンク
この記事をシェアする
RSSリーダーに登録する

 RSSリーダーで購読する

Facebookの反応