【気になる1冊】きのこを少女に擬人化した「少女系きのこ図鑑」

スポンサードリンク

空前のきのこブーム!?とまではいかないかもしれないが「おさわり探偵なめこ」などの影響で今きのこが熱いのは確かだと思う。

今回ご紹介する1冊もそんな「きのこ」に関連するものなんですが「なめこ」とはまた全然違った魅力を持った本となっています。

「少女系きのこ図鑑」の表紙『少女系きのこ図鑑』

玉木えみ(著)、飯沢耕太郎(監修・序文)

 

玉木えみさんによる可愛いイラストはさることながら、きのこ文学研究家である飯沢耕太郎氏の監修により図鑑としてもしっかりした内容となっており「萌えつつきのこが学べる」優れた1冊なのだ。

 

少女系きのことは?

森の中にポツンと、時には群れをなして生えているいろいろな形・色のきのこたちは、どこか可憐でちょっぴり不安げ、そしてほんのりと恥らっているような佇まい。……まるでかわいらしい少女のように見えてくるではありませんか! 

そんなきのこ少女たちによる愛すべき「きのこ図鑑」、どうぞお楽しみください。

 

「少女系きのこ図鑑」のイラスト

猛毒をもった「ベニテングタケ」ですら”思わずパクッ!!”っと食べてしまいそうになっちゃうくらい可愛く見えてしまうから不思議です。

 

著者 玉木えみさんのTwitter : wooooolen
少女系きのこ図鑑ブログ : kinoko-girl.blogspot.jp

 

この記事をサイトに埋め込む
スポンサードリンク
この記事をシェアする
RSSリーダーに登録する

 RSSリーダーで購読する

Facebookの反応