Facebookページのリーチが激減した理由と今後の対策について考えてみた

スポンサードリンク

 

去年の12月2日にFacebookが行ったアップデートによりFacebookページのリーチが激減しまい苦しんでいるページオーナーさんが多いかと思います、僕もそのうちの一人です、特に最近は酷いもんです、テキスト投稿ですらリーチし難く感じるのですがペナルティかなにかですかね?ザッカーバーグこの野郎!

 

・・・とまぁ管を巻いていてもリーチが増えるわけでもないので今回はこのアップデートによる影響と今後の対策について考えてみようと思います。

 

 

12月2日のアップデートによりリーチが減少した投稿

 

  • 同じサイトのリンクばかりを投稿し続けたFacebookページの投稿
  • 「写真+リンク」の組み合わせによる投稿
  • ミームコンテンツ(※)

※SNSなどで拡散力(ネタ性)はあるが価値のない情報など

 

主に減少したのはこの3つで、更に僕の経験から感じたのがこちら

 

  • 削除して再投稿した投稿
  • ネガティブなワードの入った投稿(「死ぬ」とか入っていると表示されにくい?)

 

この2つは僕が感じただけなのであまり気にしないでいいかもしれませんが、最初の3つは確実に減少していますね、ちなみに全体だとこんな感じで減少しています。

 

※2013年11月1日~2014年2月23日までのデータ

 

じわ~・・・っと嫌な下がり方をしています、特に最近は顕著で2月20日とか酷いもんです。

 

 

Facebookの狙いは?

これは明確で、「価値のある投稿のみをニュースフィードに表示させたい」という一点だと思います。

そしてこれは推測ですが、もしかしたらこんな対応が施されたのかも?

 

価値のない投稿をするページの行動を分析

  • 写真+自サイトへの誘導リンク
  • 同じサイトのリンクばかりを投稿(=外部サイトへの誘導)
  • 既出の情報ばかりを提供(=投稿内容を機械的にチェック?)

 

もともとFacebook自体がFacebookユーザーにとって価値のあるものを推奨する方針であることはこれまでエッジランクの仕組みや12月2日のアップデート内容にもある「いいね!」や「コメント」の数を重んじる修正からも明確ですし、外部サイトへの誘導や同じような投稿でニュースフィードが埋め尽くされるのを嫌うは当然のことですよね。

 

で、この抗うことのできないFacebookの方針に対してどう対応?対抗?していけばいいのか?ちょっと考えてみようと思います。

 

 

Facebookでリーチし易い投稿とはなんなのか?

単純に言うと前記した「Facebookが嫌う投稿方法や内容」と真逆の事をすれば良い訳ですが、そう言われても大したスキルや情報源を持っているわけでもないうちのような弱小サイトからするとキツイので、ここは一旦整理してみようと思います。

 

  • 外部への誘導はしない(リンクは出来るだけ避ける)
  • 同じサイトのリンクばかりを貼らない
  • オリジナルまたはできるだけ新しい情報を提供する
  • ネガティブなワードに注意する

 

取りあえずこんなところでしょうか?外部サイト(自分のサイト)への誘導を断つのは正直辛いけど、投稿自体が誰の目にも触れないよりかは数倍マシなのでやむなし。

というわけで上記のポイントを抑えつついくつか投稿してみました。

 

 

リンクなし写真+テキスト

 最近「リンク+テキスト」で投稿した場合は大体60~70リーチくらいで「いいね!」が3~6くらいだったので、リーチが約230%増加したことになります、これは効果ありですね!でも当然のことながら自サイトへのアクセス及びサイト内での「いいね!」のカウントはありません。

 

 

複数枚の写真をセットで投稿

たまに「複数枚の写真を投稿するとリーチし易いかもしれないよ」という記事を見かけるのでやってみましたが、1枚と時と特にリーチに変化は見られませんでした。

ただ、4枚くらいの画像をセットで投稿するとこのように

 

 

リンク付で投稿した時にOGPから取得されるサムネイルよりかなり大きく表示されてアイキャッチとしては抜群なのでオススメです。

 

 

別のサイトのリンクをシェア

 普段は自分のサイトのリンクをシェアすることがほとんどですが、今回は最近キュレーターとして参加した面白動画が集まるサイト「9ポスト」の投稿をシェアしてみたところ・・・お?リンクなし投稿に及ばいにせよ意外とリーチしますね、これはちょっと意外な結果でした。

もしかしたら「何回以上同じリンクをシェアしたらリーチ減少」とかそういうベタなアルゴリズムなのかもしれません、もちろんこれも同じリンクばかりをシェアしていたらいずれはリーチしなくなるはずなので程々に。

 

で、結果的にこうなった

まぁ昨日の今日のことなんであれですが、グンと上がりました、わずか3つほどの投稿でこれまで1日分のリーチを大きく超える結果となっているので確実に反応はあるということですね。

今後はこういった運用も交えつつエッジランクとリーチの回復を狙ってみようかと思います、せっかく書いたのに誰の目にも触れないなんて寂しすぎますしね!

 

 

今後どういう方針でFacebookページを運用するべきか

恐らく外部サイトへの誘導は更に厳しくなっていくはずなので、Twitterのように投稿から直接アクセスを取るような運用に頼らずサイト自体のブランディングに使うのが良いのではないかと思います。

具体的には

 

Facebookページでサイトのブランディングを行う方法

  • サイトで紹介した商品や動画などを写真とテキストで伝える
  • その日に投稿した記事の一覧をリンクなしでテキストで知らせる
  • 他のサイトで紹介された場合にその記事をリンク付きで紹介する

 

こんな感じでいかがでしょうか?変化球としては

 

  • ドメインを分けてサイトを複数の分割化して順番にリンクを投稿する

 

なんて案もありますが、恐らく今後そういった抜け道はどんどん塞がていくと思うのでオススメはしませんね。

 

まぁでもあれですね、こんな小細工なんか考えている暇があれば良質なコンテンツを提供したほうが早いってことですよねw

以上、素人の推測交えた駄文でしたが、もし少しでも何かのヒントになりましたらシェアして頂けると嬉しいデス。

 

 

参考記事

アルゴリズム変更後のFacebookページのリーチの落ち方がヤバい件について

この記事をサイトに埋め込む
スポンサードリンク
この記事をシェアする
RSSリーダーに登録する

 RSSリーダーで購読する

Facebookの反応