JASRAC発表「過去30年間で著作権使用料が多かったベスト30」

スポンサードリンク

2012年11月5日に日本音楽著作権協会(JASRAC)が「過去30年間で著作権使用料(CD、カラオケなど)が多かったベスト30作品を発表した。

上位3つは下記の通り。

 

過去30年間で著作権使用料が多かった曲-1位-

 世界に一つだけの花堂々の一位は、作詞作曲:槇原敬之でSMAPが歌った

 

「世界に一つだけの花」

 

過去30年間で著作権使用料が多かった曲-2位-

居酒屋第二位は、作詞:阿久悠 作曲:大野克夫で五木ひろしと木の実ナナが歌った


「居酒屋」

 

 

過去30年間で著作権使用料が多かった曲-3位-

ふたりの大阪第三位は、作詞:吉岡治 作曲:市川昭介で都はるみ・宮崎雅が歌った

 

 「ふたりの大阪」

 

以上となった。

その他の結果はこちら


※クリックで拡大

 

この記事をサイトに埋め込む
スポンサードリンク
この記事をシェアする
RSSリーダーに登録する

 RSSリーダーで購読する

Facebookの反応