今すぐ確認!リコールされた製品を確認できるサイト2種

スポンサードリンク

 

人命に関わるような致命的な欠陥が発覚した場合やワイドショーのネタになりそうな原因が発覚した場合はTVを始めとして率先して報道されることが多いのですが、実はその影で他にも色々な製品が数多くリコールされていることをご存知だろうか?

もしかしたら僕が今この記事を書いているパソコンも実はリコールされている製品で、知らずに使っていてある日突然発火したら・・・とか考えると身の回りの家電製品が全て怪しく見えてきたりしますよね、まぁ不安を煽っているわけじゃないんだけど、転ばぬ先のなんちゃらとも言いますし、返品だけではなく無償で修理してくれる場合などもありますし知っていてそんなことはないはずです。

というわけでそんな不安を払拭すべく過去にリコールされた製品を確認することができるサイトを2つほどご紹介しようと思います。

まず一つ目はこちら

 

製品名で検索してリコールの有無を確認できるサイト

 

消費者庁の運営するリコール情報のポータルサイト「消費者庁リコール情報サイト」です。

平成24年にリコール情報を一元化するべく新設されたサイトで、検索窓に製品名を入力することで過去にリコールがあったかどうかを確認することができます。

家にあるものを全部検索する必要はないとは思うんですが、過去に大きなリコールがあったメーカーの製品なんかは一度確認しておくと安心かもしれません。

 

2つ目はこちら

 

近況のリコール情報を素早く確認できるサイト

 

経済産業省の運営するサイトにある「リコール情報」のページです。

消費者庁が一元化すべくサイトを新設しているのに何故か経済産業省のサイトにリコール情報が載っているというところが謎ですが、ちゃんと更新されていて非常に見やすいのでオススメです。

製品のリンクを開くと

 

 

このようにリコールの原因やその後の対応(返品・部品交換など)の詳細を見ることができて便利。

IKEAもリコールされている製品があるんですね、これは意外と持っていて知らずに使っている人が多そうです。

 

 

まぁあれですね、前記しましたがこういうことはあまり過敏になりすぎてもどうかと思うのでほどほどに確認する、または定期的に軽くチェックするくらいがベターかもしれませんね!

ではでは。

 

 

この記事をサイトに埋め込む
スポンサードリンク
この記事をシェアする
RSSリーダーに登録する

 RSSリーダーで購読する

Facebookの反応