運動力学とアートの融合で生まれた、指を曲げると翼が羽ばたく器具「Wings」

スポンサードリンク

運動力学とアートの融合で生まれた、指を曲げると翼が羽ばたく器具「Wings」

カンザス州立大学で金属細工やジュエリーデザインを教えている韓国生まれのアーティスト「Dukno Yoon」が作った運動力学とアートの融合で生まれた「Wings」というアート作品が謎の魅力を放っていてついつい魅入ってしまった。

「Wings」は指を曲げることによって加わった力を羽根の動きに変換する器具で、単純に「運動力学に基づいて設計された器具」とは呼べない美しさのようなものを感じます。

この感覚はRoyal de Luxe(ロワイヤル・ド・リュクス)の巨大なからくり人形「サルタンの象」を見た時に似ているかもしれないなぁ、機械で自然の動きを再現しようとすると化学反応のようなものが起きて美しく見えるんじゃないかと思います。

 

運動力学とアートの融合で生まれた、指を曲げると翼が羽ばたく器具「Wings」

運動力学とアートの融合で生まれた、指を曲げると翼が羽ばたく器具「Wings」

運動力学とアートの融合で生まれた、指を曲げると翼が羽ばたく器具「Wings」

 

作者のサイト

 http://www.duknoyoon.com

この記事をサイトに埋め込む
スポンサードリンク
この記事をシェアする
RSSリーダーに登録する

 RSSリーダーで購読する

Facebookの反応