ドイツで産まれた「珍しいカンガルー」

スポンサードリンク

ドイツのデュイスブルクにある動物園で、珍しいアルビカンガルーが産まれたと話題になっている。

真っ白なアルビノカンガルーの画像元々「アルビノ」という言葉は「白っぽい」という意味らしいが、これはいくらなんでも白すぎるんじゃないかとw
野生で産まれていた場合は、この真っ白さが目立って徒となり、標的にされてしまうので生き残れないそうだ。

しかし動物園で産まれた場合は目立つことが仕事なので万事OKですねw

 

 

 

 

この記事をサイトに埋め込む
スポンサードリンク
この記事をシェアする
RSSリーダーに登録する

 RSSリーダーで購読する

Facebookの反応