盲導犬ならぬ盲導人!?携帯を見ながら歩くことの危険性を啓発するパフォーマンス

スポンサードリンク

盲導犬ならぬ盲導人!?携帯を見ながら歩くことの危険性を啓発するパフォーマンス

携帯のゲームなどに夢中になっているとついつい前方の確認が疎かになりがちです。

そんな危険な行動を皮肉り、「携帯を見ながら歩く」=「目が見えていないことと同じくらい危険」というメッセージを込めて「Seeing Eye Dog(盲導犬)」ならぬ「Seeing Eye People(盲導人)」が盲導犬さながらにリードを引っ張るというパフォーマンス。

見ながら歩き、本当に危険なので注意しましょうね!

この記事をサイトに埋め込む
スポンサードリンク
この記事をシェアする
RSSリーダーに登録する

 RSSリーダーで購読する

Facebookの反応