Appleからカメラ!?その名も「iLens」

スポンサードリンク

うおおおお!!マジですかー!!と思ったら「発売されたらこんな感じなんじゃね?」という画像でしたw

「釣りタイトルじゃねーか!!」と怒らずに暇つぶしに見ていってくださいね。

というわけでこちらをご覧ください、「iLens」です。

確かにアップルっぽいw

これは、デザイナー Rishi Soman(リシ ソマン)によるデザインでコンセプトもしっかりあります。

コンセプト(Google翻訳のまんま)

iLensにデュアルレンズシステムは主装置に50ミリメートルプライムレンズをクリックするためのオプションを提供します。磁気脱着ズームと望遠レンズを使用すると、よりダイナミックな写真撮影のオプションを与える。磁気的に取り付け可能なレンズは50ミリメートルプライムレンズでプライマリデバイスのレンズの上に座っている。NFC規格を介して互いにレンズと、デバイス通信する。ケーシングジェスチャー敏感レンズはレンズのズームやフォーカス操作を提供します。また、レンズ筐体の周りに統合されたリング型フラッシュユニットは、レンズによってキャスト任意の影を避けることができます。これは純粋にポケットができますフルサイズのイメージセンサーを備えた強力なカメラをiLensます。レンズ筐体のための立方体デザインの代わりに、伝統とずっとおなじみの円筒形のデザインは、ストレージを容易にするために考慮された。不用意に扱う場合、デジタル一眼レフのレンズとして、離れて転がるん。DSLRとは異なり、イメージセンサ50ミリメートルプライムレンズの後ろに密封され、そのレンズ変更時のセンサダスト損傷の可能性は存在しない。傷に強いUVフィルターは、レンズを越えるので、レンズキャップは不要である。

翻訳のまんまなんで良くわからないところもありますが、注目べきは磁気脱着できる望遠レンズ。

磁石なんて近づけて本体に影響はないのか?と思っちゃいますが、そこはあくまでも「だったらいいな画像」ということでスルーしましょう。

まぁあれですよね、この手の画像や動画が尽きないのはそれだけアップルにみんな期待しているという証拠デスヨネ。

 

以前に書いた「iWatch」の記事も一緒にどうぞ

 

【Apple】スマートフォンに近い機能を備えた腕時計「iWatch」を発売?

 

 ネタ元

YANKO DESIGN

この記事をサイトに埋め込む
スポンサードリンク
この記事をシェアする
RSSリーダーに登録する

 RSSリーダーで購読する

Facebookの反応