すき家の新メニュー「やきそば牛丼」を食べた感想

スポンサードリンク

すき家の新メニュー「やきそば牛丼」を食べた感想

 

すき家で4月12日から5月下旬まで期間限定で発売されている新メニュー「やきそば牛丼(並:390円)」を食べてみた感想を独断と偏見で書こうと思います。

 

見た目

 

どうせチンしてパックからにゅるっと出して乗せただけの雑な感じなんだろうとたかをくくっていたのですが、実物は全然そんなことはなく、今さっき炒めた焼きそばぽくふんわりしている麺が乗っかっていた。

更に付属の青のりと紅しょうがを乗せたら結構食欲をそそる見た目へと進化した。

取り敢えずは合格。

 

 

丼と一緒についてくる「秘伝のソース」をかけて、いざ実食!!

・・・まぁあれですよ、率直な感想を言うと

牛丼に焼きそばを乗せた味

でしたね。

だって普通に考えて味の化学反応を起こす要素ゼロでしょこれw

もっと具体的に言うとコンビニ弁当にちょこっとだけついてる焼きそばと他のおかずとご飯を口の中に詰め込んだ感じです。

ただ、悪くない、まぁ悪さするものは一切入ってないから当然だけどw

 

気になったこと

 

「やきそば牛丼」って言うくらいなので「やきそば」と「牛肉」と「ご飯」を同時にほうばりたいわけですが、いかんせん焼きそばの麺が強情で、同時に入れようとしてもなかなか上手く行かない。

結果的にご飯と牛肉は置いてけぼりとなり、焼きそば→牛丼→生姜みたいな連続技で食べることになる。

できたら焼きそばはそばメシ的な細切れの麺にしてもらえると個人的には助かるんですよね、すき家さん。

 

総評

 

総合的に「美味い」です、化学反応は起きないものの、「今日の飯は焼きそばにしようかな?牛丼にしようかな?」って時にはこれ以上無いメニューかと思います。

まぁでもあれかな、本音を言うと新メニュー

単品:焼きそば

でも良かったかなあれはwww

 

 公式サイト

 

すき家

 

 

この記事をサイトに埋め込む
スポンサードリンク
この記事をシェアする
RSSリーダーに登録する

 RSSリーダーで購読する

Facebookの反応